Leica Summilux 50mm f/1.4 1st 貴婦人

 



写りに関しては開放では独特の柔らかさとピント部分の描写の細かさが際立ち、水彩画のような写りというイメージです。

絞りをF4まで変化させるとふわっとした印象が消えて自然なボケと解像度の高い写りが見られます。

35mmの初代ズミルックスはもっと滲みが強く、ボケボケに思えてしまうこともあったのですが、この50mmはそこまでフレアが盛大に出ているわけでは無く、まとまりがあるいう印象です。

現行のズミルックスとは全く違う、二面性を持ったこのズミルックスはとても面白いレンズでは無いでしょうか。

 

Summilux 50mm f/1.4 1st

Related Posts

  • Leica Summicron 50mm f/2 沈胴 [Mマウント]
    Leica Summicron 50mm f/2 沈胴 [Mマウント]

    ガラスを貼り合わせるのが普通なところを貼り合わせず、空気の層を作った設計は「空気レンズ」と呼ばれる由来ともなっています。当時のライカの技術を全て注ぎ込んだこのレンズの描写は解像感、コントラスト、柔らかさの全てバランスが良く、オールドレ...

  • Leica Summilux 35mm f1.4 2nd
    Leica Summilux 35mm f1.4 2nd

    ドッピエッタトーキョーでもお問い合わせが多い『 Leica Summilux 35mm f1.4 2nd 』 このライカ ズミルックス 35mm f1.4  第2世代は開放で撮ると滲んだような独特な雰囲気の写真になるのが特徴。 独特な...

  • 『Leicaで撮るカフェ』下北沢 THE PLASTER'S CAFE
    『Leicaで撮るカフェ』下北沢 THE PLASTER'S CAFE

    Leicaで撮るカフェ、今回は下北沢駅からすぐのところにある『THE PLASTER'S CAFE ザ・プラスターズ カフェ』さん。 T-Plasterさんが展開しているRainbow SOKO(レインボー倉庫)というクリエイターの人...

2017 10, 10月 by Hagita Misaki