Leica Summilux 50mm f/1.4 1st 貴婦人

 



写りに関しては開放では独特の柔らかさとピント部分の描写の細かさが際立ち、水彩画のような写りというイメージです。

絞りをF4まで変化させるとふわっとした印象が消えて自然なボケと解像度の高い写りが見られます。

35mmの初代ズミルックスはもっと滲みが強く、ボケボケに思えてしまうこともあったのですが、この50mmはそこまでフレアが盛大に出ているわけでは無く、まとまりがあるいう印象です。

現行のズミルックスとは全く違う、二面性を持ったこのズミルックスはとても面白いレンズでは無いでしょうか。

 

Summilux 50mm f/1.4 1st

Related Posts

  • 『Leicaで撮るカフェ』西新宿  Counterpart Coffee Galley
    『Leicaで撮るカフェ』西新宿 Counterpart Coffee Galley

    久々の「ライカで撮るカフェ」は神保町GLITCH COFFEE & ROASTERSさんの2号店という位置づけの 『Counterpart Coffee Galley』カウンターパート コーヒー ギャラリー さん。 場所は都営...

  • Leica Summicron ズミクロン 90mm f/2  2nd [Mマウント]
    Leica Summicron ズミクロン 90mm f/2 2nd [Mマウント]

      でかいです。ひたすらにでかい。ものすごい主張です。ただ、一眼レフ用の90mmと同じぐらいです。ライカの他の90mmレンズが小さすぎるというので際立ってしまうのかもしれません。製造時期によっても異なりますが、これはアルミ鏡胴でヘリコ...

  • Leica Summaron ズマロン 35mm f/2.8 メガネ付き [Mマウント]
    Leica Summaron ズマロン 35mm f/2.8 メガネ付き [Mマウント]

          「8枚玉」と言われる初代ズミクロン35mm F2と同じ鏡胴のため、デザインと造りが非常に良いです。無限遠ストッパーの「パチッ」という音が気持ち良いですね。F3.5のズマロンからガラスの硝材を変えることで更に明るい、F2....

2017 10, 10月 by Hagita Misaki