Leica Summicron 50mm f/2 沈胴 [Mマウント]


ガラスを貼り合わせるのが普通なところを貼り合わせず、空気の層を作った設計は「空気レンズ」と呼ばれる由来ともなっています。
当時のライカの技術を全て注ぎ込んだこのレンズの描写は解像感、コントラスト、柔らかさの全てバランスが良く、オールドレンズの最高峰と言っても過言ではありません。

その上、レンズ自体が非常に小さいです。沈胴前の状態でもフィルムと同じぐらいの大きさです。
同じ沈胴レンズのエルマーと比べても3/4ぐらいの大きさだと思います。
このコンパクトさと写りを見てしまうと、他のレンズでは物足りなくなるかもしれません・・・・


Leica Summicron 50mm f/2 沈胴

Related Posts

  • Canon 50mm f1.5 L
    Canon 50mm f1.5 L

    キヤノン 50mm f1.5 L 開放から、徐々に絞っていくと... 「 Canon 50mm f1.5 L 」を探す。

  • Leica Summicron R 50mm f2
    Leica Summicron R 50mm f2

    ライカ ズミクロン R 50mm f2 開放から、徐々に絞っていくと... 「 Leica Summicron R 50mm f2 」の商品を探す。

  • Leica Summarit 50mm f1.5
    Leica Summarit 50mm f1.5

    ライカ ズマリット 50mm f1.5 Mマウント 開放から徐々に絞っていくと..   「Leica Summarit 50mm f1.5」の商品を探す。

2017 10, 10月 by Hagita Misaki