Leica Summicron 50mm f/2 沈胴 [Mマウント]


ガラスを貼り合わせるのが普通なところを貼り合わせず、空気の層を作った設計は「空気レンズ」と呼ばれる由来ともなっています。
当時のライカの技術を全て注ぎ込んだこのレンズの描写は解像感、コントラスト、柔らかさの全てバランスが良く、オールドレンズの最高峰と言っても過言ではありません。

その上、レンズ自体が非常に小さいです。沈胴前の状態でもフィルムと同じぐらいの大きさです。
同じ沈胴レンズのエルマーと比べても3/4ぐらいの大きさだと思います。
このコンパクトさと写りを見てしまうと、他のレンズでは物足りなくなるかもしれません・・・・


Leica Summicron 50mm f/2 沈胴

Related Posts

  • Leica Summilux 50mm f1.4 2nd
    Leica Summilux 50mm f1.4 2nd

    Leica Summilux 50mm f1.4 2nd + Leica M10 の組み合わせで東京・丸の内周辺を撮影してきました。 丸の内から日比谷、有楽町、銀座などをブラブラ。   今回は東京メトロ千代田線「二重橋前」駅からスタ...

  • 『Leicaで撮るカフェ』西新宿  Counterpart Coffee Galley
    『Leicaで撮るカフェ』西新宿 Counterpart Coffee Galley

    久々の「ライカで撮るカフェ」は神保町GLITCH COFFEE & ROASTERSさんの2号店という位置づけの 『Counterpart Coffee Galley』カウンターパート コーヒー ギャラリー さん。 場所は都営...

  • Leica Summicron ズミクロン 90mm f/2  2nd [Mマウント]
    Leica Summicron ズミクロン 90mm f/2 2nd [Mマウント]

      でかいです。ひたすらにでかい。ものすごい主張です。ただ、一眼レフ用の90mmと同じぐらいです。ライカの他の90mmレンズが小さすぎるというので際立ってしまうのかもしれません。製造時期によっても異なりますが、これはアルミ鏡胴でヘリコ...

2017 10, 10月 by Hagita Misaki