Leica Summicron ズミクロン 90mm f/2  2nd [Mマウント]

 

でかいです。ひたすらにでかい。ものすごい主張です。ただ、一眼レフ用の90mmと同じぐらいです。ライカの他の90mmレンズが小さすぎるというので際立ってしまうのかもしれません。

製造時期によっても異なりますが、これはアルミ鏡胴でヘリコイド部分は真鍮だと思われます。ブラックのクロームメッキもきれいで金属感はものすごいです。

ピントや絞りのローレット加工(ギザギザになっている加工)の細かさも注目です。ペイント部分は一回彫り込んでからペイントしてあります。

前回紹介した、Summiluxの初代もそうですが60~70年代のライカレンズは素材、加工へのこだわりが物を見ると凄く分かります。単に写せれば良いのでは無く、レンズそのものを工芸品としているような作り込みです。

大きいのはデメリットかもしれませんが、f/2で撮ることができるのはこのレンズだけです。

適度なボケと解像度が良いですね。色味も含めて、オールドレンズらしい写りとも言えるかもしれません。

 

レンジファインダーでの90mmはピント合わせが結構大変でしたが、一眼レフと違って全体の中で切り取ることが出来るのと、実際に画面で見た時に結構な感動があります。

35mmや50mmが日常を切り取るレンズとすると、90mmは非日常を写し出してくれるとも言えると思います。

M Typ240以降のモデルであれば、画面を見ながらピント合わせができるのでより使いやすいかと。

手にした時は「でかい、重い」という感じでしたが実際に構えて撮っている時はそれほど気になりませんでした。現行のSummilux 50mm f/1.4 ASPHも結構な大きさと重さなのでそのあたりのレンズをお使いの方は違和感なく使えると思います。

手軽さで言えばTele-Elmarit-M 90mm f/2.8が間違いなく勝ります。あれほど小さな90mmはありませんので。ただ、使っていて「もう少し明るかったらなぁ」と思う場面もあると思います。

現行のAPO-Summicron 90mm f/2 ASPHの描写はもちろん素晴らしいですが、お値段も素晴らしいので、その半分以下の価格と考えるとこのレンズも候補に入るのではないでしょうか。

 

 

Related Posts

  • Leica Summilux 50mm f/1.4 1st 貴婦人
    Leica Summilux 50mm f/1.4 1st 貴婦人

      写りに関しては開放では独特の柔らかさとピント部分の描写の細かさが際立ち、水彩画のような写りというイメージです。絞りをF4まで変化させるとふわっとした印象が消えて自然なボケと解像度の高い写りが見られます。35mmの初代ズミルックス...

  • Leica Summicron 50mm f/2 沈胴 [Mマウント]
    Leica Summicron 50mm f/2 沈胴 [Mマウント]

    ガラスを貼り合わせるのが普通なところを貼り合わせず、空気の層を作った設計は「空気レンズ」と呼ばれる由来ともなっています。当時のライカの技術を全て注ぎ込んだこのレンズの描写は解像感、コントラスト、柔らかさの全てバランスが良く、オールドレ...

  • Leica Summaron ズマロン 35mm f/2.8 メガネ付き [Mマウント]
    Leica Summaron ズマロン 35mm f/2.8 メガネ付き [Mマウント]

          「8枚玉」と言われる初代ズミクロン35mm F2と同じ鏡胴のため、デザインと造りが非常に良いです。無限遠ストッパーの「パチッ」という音が気持ち良いですね。F3.5のズマロンからガラスの硝材を変えることで更に明るい、F2....

2017 10, 10月 by Hagita Misaki