Leica Summaron ズマロン 35mm f/2.8 メガネ付き [Mマウント]

 

 

 

「8枚玉」と言われる初代ズミクロン35mm F2と同じ鏡胴のため、デザインと造りが非常に良いです。
無限遠ストッパーの「パチッ」という音が気持ち良いですね。

F3.5のズマロンからガラスの硝材を変えることで更に明るい、F2.8というレンズが出来上がりました。
写りに関してはクセの無い、オールラウンドなレンズという印象です。
解像感はありつつもコントラストは少し低めで、優しい感じの写りです。

メガネはM3用ですので、ミラーレスや他のM型ライカで使う場合は取り外して置くことも可能です。

 

Related Posts

  • Leica Summicron 50mm f/2 沈胴 [Mマウント]
    Leica Summicron 50mm f/2 沈胴 [Mマウント]

    ガラスを貼り合わせるのが普通なところを貼り合わせず、空気の層を作った設計は「空気レンズ」と呼ばれる由来ともなっています。当時のライカの技術を全て注ぎ込んだこのレンズの描写は解像感、コントラスト、柔らかさの全てバランスが良く、オールドレ...

  • Leica Elmar 35mm f/3.5 Nickel  L-Mount
    Leica Elmar 35mm f/3.5 Nickel L-Mount

    開放で撮影。徐々に絞っていくと..

  • Leica Summilux 35mm f1.4 2nd
    Leica Summilux 35mm f1.4 2nd

    ドッピエッタトーキョーでもお問い合わせが多い『 Leica Summilux 35mm f1.4 2nd 』 このライカ ズミルックス 35mm f1.4  第2世代は開放で撮ると滲んだような独特な雰囲気の写真になるのが特徴。 独特な...

2017 10, 10月 by Hagita Misaki