Leica Summilux 35mm f1.4 2nd

ドッピエッタトーキョーでもお問い合わせが多い『 Leica Summilux 35mm f1.4 2nd 』

このライカ ズミルックス 35mm f1.4  第2世代は開放で撮ると滲んだような独特な雰囲気の写真になるのが特徴。

独特なクセ玉と呼ばれるこのズミルックスレンズは、開放で撮るのと絞って撮るのでは同じレンズとは思えないほど違った写真になります。  

ではどんな感じで違うのか?それを見てみましょう。

これが開放 f1.4 で撮ったもの。全体的に滲んだような感じになって独特な雰囲気。

次に絞った写真を。

看板の文字やドアの輪郭がハッキリと出ています。 もう少し違う写真を見てみましょう。

f1.4の開放。さっきと同じように滲んだ感じ。

レンズが壊れてる訳じゃありません。 次に絞った写真。

こんな風にキッチリと撮りたいというニーズにも応えてくれるズミルックスの第2世代。

この Summilux 35mm f1.4 2nd で撮った、イケてる眼鏡やサングラスのセレクトショップ『igc』さん周辺の写真をどうぞ。

滲んだような写真は開放(f1.4)で撮ってます。

これは絞って撮ってます。ビルの細かい部分までキッチリ分かります。

igcのオーナーをパチリ。(f1.4の開放)

開放 f1.4。木の葉っぱの部分や左の植物の部分が良い感じ。

光が当たっている部分も良いですね。

絞って。

開放f1.4で。

上の2枚の感じが◎

絞って。次の写真は開放 f1.4で。

この写真もかなりこのレンズの特徴が出てますよね。

少し絞った状態で灰皿にピントを合わせて。

この写真もめちゃめちゃ分かりやすい1枚。

同じレンズでも全く違った雰囲気に仕上がるのが、このズミルックス 35mm f1.4の第2世代レンズ。

めちゃめちゃハッキリ・パッキリ写るASPHレンズを1つとこの独特な写真が撮れるものをもう1つ持っておくと、幅が広がって良いんじゃないでしょうか?

ヴィンテージレンズにしか無い魅力。一度撮るとハマること間違いなしです。  

 

Leica Summilux 35mm f1.4 2nd の商品ページへ

 

 

Related Posts