Summicron M 50mm f/2 3rd

前の世代のものに比べると10%ほど軽くなった、この第3世代のズミクロン。

コンピューターによる光学設計を取り入れ、1979年に製造が始まったこのレンズの構成や設計は今のズミクロンにも引き継がれてるんです。

特にデジタルのボディではその解像度の高さを実感でき、30年前のレンズとは思えないほどの描写。

高めのコントラスト、シャープな写りが好きな方にはバッチリハマりますよ〜。

 

もちろん、写りだけで言えば近いものはライカ以外にも沢山あるのですがこのコンパクトなサイズでというのが、さすがライカ。

 

Leica M9、ズミクロン M 50mm f2 3rd の組み合わせで池尻大橋にあるレインボー倉庫へ撮影へ行ってきました。

レインボー倉庫内はかなり暗いんですが、どんな写りなのか?っていうの見てもらえれば。

 

Related Posts

  • Leica M-P Typ240 Safari
    Leica M-P Typ240 Safari

    Leica M-P typ240 サファリ。Leica M10-P Safari のセットも最近発売されましたがこちらはM-P Typ240。 スペックは通常のM-P Typ240と同じ。このオリーブグリーンカラーは限定数で販売され...

  • Leica Tele-Elmarit-M 90mm f/2.8 + Sony α7III (ILCE-7M3) Field Test
    Leica Tele-Elmarit-M 90mm f/2.8 + Sony α7III (ILCE-7M3) Field Test

    コンパクトな中望遠レンズ Tele-Elmarit-M (テレエルマリート) 90mm f/2.8は実焦点距離よりもレンズの全長が短い「テレフォトタイプ」の設計を採用したレンズです。全長は70mm程度とかなり短く、コンパクトという点で...

  • 雑誌 Pen  2019  3/19  発売号に掲載されました。
    雑誌 Pen 2019 3/19 発売号に掲載されました。

    CCCメディアハウスの雑誌「Pen」No.469  2019.3/19号 「ライカで撮る理由。」   ”興味を持ったら、頼れるスタッフのいるお店へ”というページで紹介されました。 1月頃に編集者の方からメールで取材をしたいのですが。...