デジタル一眼レフやミラーレスカメラでは専用のレンズはもちろん、フィルム時代の何十年も前のレンズで撮影することができます。

レンズの製法やコーティングの精度が現在のものとは違うため、独特のボケ味や写り具合を楽しむことができますし、何より見た目が格好良い(笑)

今やカメラもファッションアイテムの一つとなっていますし、どうせなら格好良い方が良いですよね。昔のレンズのクロームの色やメカニカルな感じって今のレンズには中々無いのでそういった理由でオールドレンズを使うのももちろんありじゃないでしょうか。

そのレンズの本来の画角を楽しむにはα7シリーズが最も良いですが、もっと手軽にということでNEXシリーズでオールドレンズを付けて撮ってみましょう。

パッと出してサッ撮れる。これが小型ミラーレスの良い所ですよね。

 

Liquid error (sections/article-template.liquid line 22): Could not find asset snippets/relatedblogs.liquid
2015 16, 9月 by Hagita Misaki