Leica Summicron 35mm f2 ASPH x Leica M Monochrom

ライカのスタンダードレンズと言えばSummicron(ズミクロン)とSummilux(ズミルックス)。

その中でも35mmと50mmがスタンダードの中のスタンダード。

ライカはスナップシューティングがメインなカメラなので35mmか50mmのどちらかのチョイスになってきますよね。

その中でも特に人気が高い、Leica Summicron(ズミクロン) 35mm f2 ASPH の写りを。

ドッピエッタトーキョーがイチオシのライカ M モノクローム(CCDセンサーのほう)で撮影しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィンテージなズミクロンやズミルックスももちろん良いんですが、その対極にある現行のASPHレンズもやっぱり捨てがたい。

ASPHレンズをとりあえず1本持っておいてヴィンテージレンズに広げていくっていうのが良いかも。

写りがかなり違ってくるので撮った写真を見比べてみるのも面白いんです。

持っていて損は無い、間違いのないズミクロンレンズです。

(写真をクリックで商品ページへ)

Related Posts

  • 『Leicaで撮るカフェ』名古屋 TRUNK COFFEE & CRAFT BEER
    『Leicaで撮るカフェ』名古屋 TRUNK COFFEE & CRAFT BEER

    なんと、この日は名古屋駅近くにできた商業施設に新たに店舗をオープンされるみたいでした。 2014年にできてから、もう3店舗目ってすごいですね〜。   この名古屋出張に持って行ったのが『Leica Q』 フルサイズのコンパクトなボディは...

  • Summilux 35mm f/1.4 2nd
    Summilux 35mm f/1.4 2nd

     半年に1度、ジャンブルの展示会にAnchor Bridgeさんが出展されているのでお邪魔してます。   クセ玉と呼ばれるこのSummilux 35mm f1.4の2ndは使い方次第でかなり面白いレンズなんです。 開放で撮ると、ピント...

  • Summicron M 50mm f/2 3rd
    Summicron M 50mm f/2 3rd

    前の世代のものに比べると10%ほど軽くなった、この第3世代のズミクロン。 コンピューターによる光学設計を取り入れ、1979年に製造が始まったこのレンズの構成や設計は今のズミクロンにも引き継がれてるんです。 特にデジタルのボディでは...