Leica Summicron 35mm f2 ASPH x Leica M Monochrom

ライカのスタンダードレンズと言えばSummicron(ズミクロン)とSummilux(ズミルックス)。

その中でも35mmと50mmがスタンダードの中のスタンダード。

ライカはスナップシューティングがメインなカメラなので35mmか50mmのどちらかのチョイスになってきますよね。

その中でも特に人気が高い、Leica Summicron(ズミクロン) 35mm f2 ASPH の写りを。

ドッピエッタトーキョーがイチオシのライカ M モノクローム(CCDセンサーのほう)で撮影しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィンテージなズミクロンやズミルックスももちろん良いんですが、その対極にある現行のASPHレンズもやっぱり捨てがたい。

ASPHレンズをとりあえず1本持っておいてヴィンテージレンズに広げていくっていうのが良いかも。

写りがかなり違ってくるので撮った写真を見比べてみるのも面白いんです。

持っていて損は無い、間違いのないズミクロンレンズです。

(写真をクリックで商品ページへ)

Related Posts