Leica Summicron 35mm f2 ASPH x Leica M Monochrom

ライカのスタンダードレンズと言えばSummicron(ズミクロン)とSummilux(ズミルックス)。

その中でも35mmと50mmがスタンダードの中のスタンダード。

ライカはスナップシューティングがメインなカメラなので35mmか50mmのどちらかのチョイスになってきますよね。

その中でも特に人気が高い、Leica Summicron(ズミクロン) 35mm f2 ASPH の写りを。

ドッピエッタトーキョーがイチオシのライカ M モノクローム(CCDセンサーのほう)で撮影しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィンテージなズミクロンやズミルックスももちろん良いんですが、その対極にある現行のASPHレンズもやっぱり捨てがたい。

ASPHレンズをとりあえず1本持っておいてヴィンテージレンズに広げていくっていうのが良いかも。

写りがかなり違ってくるので撮った写真を見比べてみるのも面白いんです。

持っていて損は無い、間違いのないズミクロンレンズです。

(写真をクリックで商品ページへ)

Related Posts

  • Leica Summilux 50mm f1.4 2nd + M9  @代々木上原・西原
    Leica Summilux 50mm f1.4 2nd + M9 @代々木上原・西原

    ズミルックス 50mm f/1.4 2ndは「貴婦人」と呼ばれる初代ズミルックスからブラッククロームの鏡胴になり、少し軽くなった第2世代モデルです。 初代(第1世代)の後期にあたる1961年から「空気レンズ」と呼ばれる光学設計に変更...

  • Leica Summarit 50mm f1.5 L Mount + M-P Typ240
    Leica Summarit 50mm f1.5 L Mount + M-P Typ240

    ライカ ズマリット 50mm f1.5 Lマウントをライカ M-P Typ240に着けて代々木上原周辺を撮影しました。 このフィルムっぽい写りが良いですよね。 こちらの画像から商品ページをご覧いただけます。  

  • Leica M-P Typ240 Safari
    Leica M-P Typ240 Safari

    Leica M-P typ240 サファリ。Leica M10-P Safari のセットも最近発売されましたがこちらはM-P Typ240。 スペックは通常のM-P Typ240と同じ。このオリーブグリーンカラーは限定数で販売され...