Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

ハッセルブラッドの代表的なカメラとして知られる500C、その後の500C/Mもベストセラーでしたが

500Cの方がよりモノとしての良さがあるとも言われています。当時の超高級機だったのでそれも納得。

大卒の初任給が4万円だった当時、ボディとマガジン、レンズ3本のセットで100万円を超えていたというぐらい。。

今の感覚で言えば4-500万円、外車が買えるくらいの価値のものですしそりゃあ素材や造りも良いなぁと思ってしまいますね。

500Cと500C/Mの大きな違いはスクリーンマットを交換できる点でより明るいスクリーンで撮影がしやすくなる

というメリットがありますが、この500Cは500C/Mに移る前の最後期に作られたものでスクリーン交換が可能となっています。

500Cの銘ながら機能的には500C/Mと同等という、非常にレアな個体。

 

渋谷にて撮影。フィルムは『 FUJIFILM  Fujicolor PRO 160 NS 』

Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

 

Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

 

Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

 

Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

 

Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

 

Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

 

Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

 

Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

 

Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

 

Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

 

Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

 

Hasselblad 500C(Latest)+Planar T* 80/2.8

Related Posts