Leica Summicron-R 90mm F2 (3カム) は、かなり使えます。

 

Leica Summicron-R(ライカ ズミクロンR) 90mm f2 (3カム)+Sony a7sで撮ってきました。

代々木上原でいつもお世話になっている方の展示会があったので、その会場でも写真をバシバシ取らせてもらいました。

 

 

初めてこのレンズで撮ったときにびっくりな衝撃を受けた覚えがあるLeica(Leitz CANADA) のSummicron-R ズミクロン。

ContaxかLeicaはハズレ無しですので、とりあえず1本は持っておいて損はないです。

展示会の会場になっていたところは普段、オーナーさんがギャラリーとして貸出しをされている場所でめちゃめちゃセンスが良い内装でした。

シンプルかつ使い勝手が良く、代々木上原から徒歩2分もかからないという最強の立地でございます。

 

Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s

レザーとのバランスが完璧です。オシャレです。

少し小さめのショルダーバッグですので女性が白シャツにジーンズでこのバッグを持っていて欲しい感じです。

Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s  

荒々しいハット。

草原に旅行へ行くプランがある方はぜひこのハットを。

Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s  

こだわりのソックスが並んでいます。

上の画像のソックスはドッピエッタでも取り扱っている「HUE」さんのローゲージソックス。

このカラフルなソックスを並べているだけでオシャレ。

  Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s  

「LOOM」さんのオールレザーで作られたオセロ。

置いた時にパチッっと音がしませんが、話のネタにいかがでしょうか? 

 

Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s  

ルームキャンドルなどのフレグランス系がメインのLOOMさん。

香りの調合などは浅草の職人さんが担当されているそうです。

やさしく、ほのかな香りが心地良いですので、日本人に合います。  

 

Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s  

帽子職人がデザインから商品作製まで手がけている、大阪のブランドmorno(モーノ)。

いつかドッピエッタオリジナルのハットやキャップをmornoさんにお願いして作って頂きたいですね。

このキャップは普通に欲しい。    

   

ここからは代々木上原〜富ヶ谷らへんをパチリです。

 

Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s  

駅前にある喫茶店に置いてあった砂糖入れに思わずオッ!となったので撮ってみました。

このデザインが◎。

ゴールドっていうのも良い感じです。

  Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s  

街歩きをすると必ず1枚は撮る「ライト」。

フォルムがオシャレ。光る部分の形がトマトみたいで興味をそそられます。

電気が付いているときにもう一度見てみたいですね。

 

Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s

普通の道をそれっぽく撮ってみました。

Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s

クリンクリンしてます。

さすが高級住宅街は洒落てます。

Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s Leica Summicron-R 90mm f2 +Sony a7s

最後は桜の時期に撮った1枚。

左下にちっちゃく写ってる標識がポイントです。

こんな感じで街歩きや室内などなかなか使えるレンズのLeica ライカ Summicron-R(ライカ ズミクロンR)。  

 http://doppietta-tokyo.jp/collections/leica-used



検索