Carl Zeiss Jena (カールツァイス・イェナ)やPentacon(ペンタコン)、Meyer(メイヤー)などの東西分離時代の東ドイツのレンズが多めです。

60-80年代にかけて流行っていたレンズのゼブラ柄のデザインも東ドイツのレンズでよく見られます。

ロシアレンズのコピー元はドイツレンズなので本家とコピーの両方持つのも面白いかも。

ロシアレンズよりも発色がしっかりしている印象です。

M42マウントのレンズが殆どなので一眼レフ、ミラーレスの両方で使えます。